HOME > 復活の薪 プロジェクト > 『復活の薪』第2章森林資源(木材)の有効活用

『復活の薪』第2章森林資源(木材)の有効活用

〈2011年10月1日~現在〉

31.gif

森林整備(間伐作業)から生み出される、これまでの林業では見向きもされなかった林地残材・死材等の低質材を薪として活かします。

32.gif

吉里吉里地区の海岸沿いに点在する、津波被害林の伐採処理作業を実施しました。
津波で亡くなられた方々が汗して植林され、大きく育った木も含まれています。多くの思いが詰まった薪です。

復活の薪は新たなステージに

33.gif
被災地での生活再建、暮らしの安心の回復等をより現実のものとすべく、
NPO法人格を2011年12月28日に取得しました。
活動拠点も避難所から海を見下ろす場所へと移動し、新たなステージの幕があがりました。


34.gif
薪等の木質バイオマス燃料材を生産・販売することで、新たな副業的なりわいを創出し雇用の確保に繋げます。


35.gif
やさしく暖かい薪の炎が、被災地で灯されることを願っています。
これからも薪文化の復活・普及に努め、地域内での持続可能なライフスタイルの確立を目指します。